乳がんケアヨガの今
Home >  乳がんケアヨガの今 > ヨガが私たちの生活に及ぼす影響

ヨガが私たちの生活に及ぼす影響

ヨガをすると、QOLが改善する、とか、いろいろな臨床はあります。

こちらにも、しっかり臨床データが引用されていますし、
「術後乳癌の患者がヨガをするべきたった1つの理由」Healsy-
http://healsy.jp/breastcancer-2/

このようなレビューがでています。
http://yoga-medical.org/article/1827/

でも、私自身、ヨガの一番の効果は、自分らしさを取り戻すのを手伝ってくれることじゃないかな、と思っています。
ヨガが、乳がんだけに効果がある訳ではありません。更年期で苦しむ方、産後うつで行き詰まっている方、介護で疲れている方、

みんな、不安とか、忙しさに振り回されて、自分らしさを失ってしまった時、ヨガで少しゆっくりして、リフレッシュして、体に新鮮な空気を入れ、自分と向き合ったりすることで(それは時に、辛いことでもありますが)、自分の価値を思い出したり、好きなものを思い出したりしながら、人間性を回復していくのではないかと思っています。

私は、ヨガは、人間性の回帰 – ルネッサンスだと思っています。

だから、生活の中に時々ヨガをする時間があると嬉しいです。
そこまで根を詰めてやらなくても良いと思っています。
そして、ヨガのいいところは、思い立てば、いつでもどこでもできることです。
マットがなくたって、自分の呼吸に意識を向けながらゆっくり自分の体を観察してみる、それだってヨガなのです。

ページのトップ