乳がんケアヨガの今
Home >  乳がんケアヨガの今 > 今日のヨガの言葉 3/1-3/15

今日のヨガの言葉 3/1-3/15

3/1 清廉さとは、誰も見ていないところでどう振る舞うかで試されてしまいます。
 ヨガの練習で正直であれというとき、真実を述べるだけでは不十分です。嘘をつかないよう心がけなくてはいけません。今日はあなたが大切に思っている価値観において、自分に嘘をつかないようにしましょう。それが今日一日を清廉に暮らすということです。

3/4 人生で最も大切な3つのこと、それは愛、勇気、そして情熱。
 まずあなた自身と誰かを真剣に愛すること。 それから臆病にならず、勇気を持って生きること。そして毎日何かに情熱を注ぎましょう。これらが幸せに生きるための基本です。今日のヨガの練習では、まず自分を愛し、自分の練習を愛し、そしてわたしには勇気と情熱がある、そう考え、難しいポーズにも挑戦してみましょう。

3/5 必要なことはすべてからだのほうから教えてくれます。
 からだの声を無視するほど、自分へのひどい仕打ちはありません。今日の練習ではこんな実験を。ヨガマットなんてたたんでしまい、ごろりと横になり、自分のからだのために何をしようかなど考えずに、からだの方から何かリクエストしてくるまで、じっと待ってみましょう。たとえ寝転んで練習が終わってしまったとしても、あなたの一日は満足感にあふれ、穏やかで、少なくとも十分な休養がとれるわけです。

3/7 もしあなたがバラの花であれば、デイジーになりたいなんて思わないで。
 あなたは長い脚も、スリムなウエストも、すらっとした背丈も持っていないかもしれません。あなたがバラなら世界はバラを必要としていて、それはデイジーではないのです。今日はあなた自身が何者でないか考えるのはやめましょう。あなたに注がれる光の中に堂々と立っていればいいのです。

3/9 エゴには普段から何を考えているかがでてしまいます。
 私たちが大好きな口ぐせはいつも「私が、私が、私が」です。水の入ったボトルに「Compassion / 思いやり、慈悲」という言葉を書いてみましょう。水を飲むたび、自分や他人の辛さや悲しさに心を開くとはどういうことか、自ずと気がつけるでしょう。

3/10 難しさとは100%自分の思い込みなのです
 あるポーズをどんなに難しく思っても、誰かは必ずそれを簡単だと感じています。また、その逆もしかりです。今日は難しいと思うポーズから始めてみましょう。そしてそれを3週間続けてみるのです。きっとそのポーズが簡単に感じられるようになり、好きになっていることでしょう。

3/ 呼吸の感覚に戻ってみましょう。
 電話に出る前、食事で一口目を口に運ぶ前、息をしているという感覚に数秒間立ち戻ってみましょう。不思議と心が明るくなり、はやる気持ちもスローダウンできるでしょう。心に光をともすこと、スローダウンしてみること、この二つこそ、現代社会を幸せに生ていく秘訣です。

3/ お腹をあてにしましょう。
 今日、大なり小なり何かを決断しなくてはならないとしたら、自分のお腹に伺いをたててみることです。この「第二の脳(セカンドブレイン)」は決してあなたを裏切りません。

3/14 姿勢とは質問であり、答えではありません。
 練習とは正しい答えを求め、得ることではありません。むしろ問い続けることです。 私はどういう呼吸をしているだろうか、気持ちはどこをさまよっているだろうか、からだはどうやったら楽になるだろうか。練習をしながら自分に問いかけてみましょう。

3/15 幸せな人生を送るためにヨガを活用していくのです。
 ポーズ、呼吸、瞑想など、典型的なヨガの練習は、苦しみや悲しみを癒し、他人をも苦しめないようにする行為です。ヨガをすることで平和で幸せな世界の実現に近づきます。今日は今まであなたを苦しめてきたものに別れを告げるつもりでヨガを練習してみましょう。

ページのトップ