Home > 医療関係者の皆様へ

ルナワークスの取り組み

ルナワークスでは、乳がん患者さん向けヨガの指導・普及を通じ、患者さんたちが自ら健やかな生活習慣を取り戻し、自分らしく生きていくのを応援したいと考えています。

背景

日本では、多くの医療関係者の努力により、乳がん治療の予後は他のがんに比べて圧倒的に良いといわれています。
アメリカでは、乳がん患者のリハビリとしてヨガが、臨床研究*1と共に社会への浸透がはじまっています。これは、ヨガの効果として、早期社会復帰を可能にしやすいということがあるからと考えます。
日本においても、乳がん患者さんからヨガクラス開催の希望が多く寄せられています。この要望に対応するため、正しい乳がんの知識をもって指導にあたることができるヨガインストラクターの育成が望まれています。

活動

【 1 – 指導者の全国的育成】

「息さえできればヨガはできる」を合言葉に、乳がんリハビリヨガ指導者養成講座を開催、全国各地で指導にあたれる人材の育成に取り組んできました。
ヨガインストラクターのほか、乳がん患者さん自らや、家族、医師、看護師、理学療法士などが参加されます。
講座の中では、患者にとってのヨガのメリット*2、また有害事象とリスク(禁忌)、そして体に負担のないポーズの指導方法をグループワークを通じて学んできました。
また、ボルスターと呼ばれる抱き枕を用い、疲労を軽減する休息法であるリストラティブ・ヨガの手法も実践します。また、患者さんが抱えるストレスや不安を理解し、呼吸法やマインドフルネス瞑想法による軽減法も学びます。

《それぞれの立場への狙い》
インストラクター:乳がん患者さんに対応したクラスを提供できる。
医療者:安心してヨガを推奨できるようになる。
家族:患者さんをサポートしやすくし、自らの介護ストレスを軽減する
患者:生活の中にヨガを取り入れたり、自らリスクに配慮して運動できるようになる。

【 2 – がん患者さん向けヨガの啓蒙活動】

(1)患者イベント、市民公開講座などでの体験クラスの開催
(2)乳癌関連学術総会でエビデンスの紹介、体験クラス*3
(3)乳がんヨガクラスピンクリボンマークの普及
(4)全国指導者リスト・クラス開催情報の収集・公開
(5)カード・ポスターの作成・配布

成果

養成講座は2011年より23都市で 49回開催し参加者は456名*4。全国でがん患者さん向け定期クラスの開催数が増加しています。
患者さんからは、体力がつく、自己肯定感が高まる、QOLが向上した、人生に希望を見出した、などの声が寄せられています。
2016年より全国に13名、地方開催を担当する講師を配置*5。その半数が、元乳がん患者さんです。自らの体験を通じヨガを指導にあたるがんサバイバー講師という新しいキャリアが始まっていることは大きな希望と感じています。

今後の展望

厚生労働省の平成29年度 「統合医療」に係る情報発信等推進事業委託費 実施団体公募要項において、平成24-26年度厚生労働省科学研究費補助金「地域医療基盤開発推進研究事業」(研究代表者:岡孝和先生)により作成されたヨガの構造化抄録を参照するよう推奨されています。
上記の事業を通じヨガが正式に統合医療として認知されていることを受け、ルナワークスは安全性・有効性等に関する科学的知見を収集しつつ、患者・国民及び医師がヨガを適切に検討できるよう情報発信に努めていきたいと考えています。
ヨガは実践を通じてその効果を体感していただけるため、実際にヨガに触れていただく機会の増大を目指していく所存です。具体的には、マタニティーヨガのように、多くの人に乳がんリハビリヨガがあることを認識してもらえることを目指していきたいと思っています。また、乳がん検診率を挙げるなど、乳がん撲滅のための活動を、乳がんリハビリヨガの啓蒙を通じて行っていきたいと思っています。

(1)47都道府県において乳がんリハビリヨガの指導者養成講座の定期開催体制の整備。
(2)指導者養成講座の医療監修の充実
(3)ガンとヨガのカンファレンス(2017年10月)での事例発表の継続
(4)クラス開催数や参加者数の継続管理
(5)医学的見地にもとづくデータの収集(例:社会復帰までの時間についての数値化など)

ご協力をお願いいたします。

(1)患者さんに、リハビリの選択肢の一つとして、ヨガをお勧めいただけると嬉しく思います。
(2)先生方に、私たちのメンバーが乳がんに対することなど、知識を持つためにいろいろお尋ねすることがあるかと思います。教えていただけると助かります。
(3)ヨガカンファレンスの開催や乳がん患者さん向けのヨガの本の出版を考えています。ご支援いただきますようお願い申し上げます。

2017年10月29日(日)にがん研有明病院で行われる
第2回メディカルヨガカンファレンス がん患者さんのためのヨガ ~ Yoga for Cancerに、ぜひご参加ください。
  • *1 資料 4 Yogaに関する医学論文「PubMed (1948-2017.8) 4,073編
    Yoga 4,073 事例
    yoga Cancer 368事例
    Yoga Breast Cancer 166 事例
    アメリカのエビデンスの多くが症状の改善ではなく、QOLの向上に関連したものであること
  • *2 乳がん患者さんの訴えとヨガができること
    《失うもの》体力、自己肯定感、自己受容、喪失感、家族との関係性、深い睡眠、情緒の安定
    《ヨガができること=薬ではできないこと》体力、筋力の向上、自分との向き合い、許し、深い睡眠、情緒の安定、人間性の回復、家族や医師との関係。
  • *3 乳がん学術総会での発表
    2013年浜松(第21回)
    2016年東京(第24回)
    講演内容はこちら(http://breastcancer-yoga.luna-works.com/archives/1356
  • *4 乳がんリハビリヨガ指導者養成講座 開催実績
  • *5 全国展開プロジェクト「地域指導者養成講師の全国配置」
    2016年に13名でスタートした、地域指導者養成講師は一年間の講座開催で、106名もの参加者にヨガの指導を行った。これは、2011-17年に岡部が育成した350名に対し、およそ30%である。2018年、新規21名の地域指導者養成講師の育成を予定しており、総勢34名で、全国の養成にあたることでより広範な普及に努めていきたい。

全国乳がんヨガ指導者のご案内

指導者養成講座

医療現場からも寄せられる期待

体験者の声

メディカルヨガ
ヨガセラピーの教科書

Yoga as Medicine 日本語版
― ヨガという処方箋

乳がん以外にも豊富な事例を紹介

メディカルヨガ
誰でもできる基本のポーズ

(新興医学出版社)

病気の方でもできる簡単なヨガのポーズと呼吸法が医学書になりました

ご購入はこちら

一般社団法人日本ヨガメディカル協会

乳がんリハビリヨガ ピンクリボンマーク申請サイト

ページのトップ