Home > プロフィール

岡部朋子 岡部朋子 ルナワークス代表
公式サイト メディカルヨガ
Blog ヨガをメディカルな視点から

「統合補完医療」としてのヨガの普及を目指し、高齢者や医療、介護の現場で働く方々、身体障害者の方など、これまでヨガは困難と思われていた方々に向け、安全でわかりやすいヨガを提供できる社会の実現に向け取り組んでいます。

タイトル

  • YCat – Jnani Chapman氏によるがんと慢性疾患患者さん向けヨガ Level 1-3 受講中(2014年修了予定)
  • 全米ヨガアライアンス認定インストラクター E-RYT500
    (指導者養成上級認定講師 500時間)
  • Relax and Renew 上級リストラティブヨガ講師
  • International Association Yoga Therapists
    国際会員 ヨガ療法士(ヨガ・セラピスト)
  • Easyoga プレミアゴールドティーチャー

経歴

  • シニアや更年期のヨガに関する数多くの著作 ( New Yoga for Healthy Aging など ) を持つSuza Francina氏に従事。高齢者向けヨガを専門に学ぶ。
  • 米国 Yoga Journal 誌の医療記事ダイレクターであり、ヨガセラピー、医療ヨガにおけるアメリカの第一人者 Timothy McCall氏 との親交 、彼の代表作である「Yoga as Medicine」 の日本語版 「メディカルヨガ~ヨガの処方箋」(バベルプレス) 監修
  • リストラティブ・ヨガの教科書ともいわれるRelax & Renew の著者であるJudith Lasater 師によりRelax & Renewトレーナーとして認定
  • 2008年、インド・マイソールにてSri Jayakumar Swamysree に師事
  • Yoga Fit®ティーチャー・トレーニング修了
    Level1, Level2, Level3, Level4, Level5
    Yoga Fit Senior, Yoga Kids, Yoga Strength,pirates Fit, Anatomy & Alighment, Pre Natal, Yoga Cycle, Therapy Yoga, Restrative Yoga
  • 臨床心理学博士であり、国際ヨガセラピスト協会の学会講師であるBo Forbes 氏(ボストン)のもと臨床心理学に基づく「うつや不安のためのヨガ・セラピー」を学ぶ
  • ソマティックサイコロジーとしてのヨガセラピー、ヨガにおけるマインドフルネスという考え方、また補完代替療法としてのヨガの活用を、EBM(エビデンスドベイスドメディスン) , NBM(ナラティブベイスドメディスン)という二つの視点から研究している。
  • 2014年3月米国バージニア州YogaVille にて乳がんヨガの活動を始めるにあたりかねてから影響を受けていた Jnani Chapman 師 ( リンク)のもと、がんと慢性病患者さんに寄り添うヨガ Level 1,2,3 修了。

E-mail: niikura@is.icc.u-tokai.ac.jp Blog : http://auramaster.blogspot.com/

学生時代 バックパーカーとして世界を放浪する。
インドには3回訪れ、約5ヶ月間滞在しインドの世界観に触れる。
医師になり臨床に従事し、外科専門医を取得後、
臨床研究に興味を持ち、
09年よりUniversity of Texas M.D. Anderson Cancer Centerへ留学
多くの乳癌に関する研究論文を発表。
留学中に、アメリカでは既に補間代替医療としてのヨガの研究が始まっていることを知った。
帰国後、医学雑誌(乳癌の臨床)に今まで海外で行われた研究をまとめた(乳癌とヨガ)を発表。
また医師への情報提供だけでなく、
雑誌Yoginiに(ヨガを科学的に検証する)という連載も行っている。
20011年4月より現職、乳癌の研究、診療、手術を行っている。
日本でも乳癌患者に対してヨガを用いた研究を行うために奮闘中。


研究業績

  • 1.Niikura N, Liu J, Hayashi N, Mittendorf EA, Gong Y, Palla SL, Tokuda Y, Gonzalez-Angulo MA, Hortobagyi GN, Ueno NT: Loss of HER2 Expression in Metastatic Sites of HER2-Overexpressing Primary Breast Tumors Journal of Clinical Oncology 2011, In press
  • 2.Niikura N, Liu J, Hayashi N, Palla SL, Tokuda Y, Hortobagyi GN, Ueno NT, Theriault RL: Retrospective analysis of anti tumor effects of zoledronic acid in breast cancer patients with bone-only metastases. Cancer 2011 (In Press)
  • 3.新倉直樹, 徳田裕: 乳癌とヨガ. 乳癌の臨床 2011 , 26(3):321-325.
  • 4.Niikura N, Costelloe CM, Madewell JE, Hayashi N, Yu TK, Liu J, Palla SL, Tokuda Y, Theriault RL, Hortobagyi GN et al: FDG-PET/CT Compared with Conventional Imaging in the Detection of Distant Metastases of Primary Breast Cancer. Oncologist 2011.(In Press)
  • 5.Niikura N, Liu J, Hayashi N, Palla SL, Tokuda Y, Hortobagyi GN, Ueno NT, Theriault RL: Treatment outcome and prognostic factors for patients with bone-only metastases of breast cancer: a single-institution retrospective analysis. Oncologist 2011, 16(2):155-164.
  • 6.Niikura N, Liu J, Costelloe CM, Palla SL, Madewell JE, Hayashi N, Yu TK, Tokuda Y, Theriault RL, Hortobagyi GN et al: Initial staging impact of fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography in locally advanced breast cancer. Oncologist 2011, 16(6):772-782.
  • 7.新倉直樹, 木村盛彦, 後藤與四成, 神徳純一, 徳田裕: 患者が希望する乳癌術後補助療法の費用と効果 当院における365名の患者へのアンケートより. 乳癌の臨床 2010, 25(1):118-119.
  • 8.Niikura N, Ueno NT: The Role of F-FDG-Positron Emission Tomography/Computed Tomography in Staging Primary Breast Cancer. J Cancer 2010, 1:51-53.
  • 9.Niikura N, Kimura M, Hirabayashi K, Umemura S, Minakawa T, Shintoku J, Suzuki Y, Tokuda Y: Breast conserving surgery for male noninvasive intracystic papillary carcinoma: a case report. Tokai J Exp Clin Med 2010, 35(1):13-16.
  • 10.新倉直樹, 木村盛彦, 後藤與四成, 小林陽一, 浅原史卓, 林浩二, 柴多三省, 神徳純一: 超高齢者乳癌の検討 認知症を合併した超高齢者乳癌の検討. Geriatric Medicine 2009, 47(7):897-900.
  • 11.新倉直樹, 木村盛彦, 小林陽一, 浅原史卓, 林浩二, 柴多三省, 神徳純一: アロマターゼ阻害薬耐性再発乳癌に対する高用量Toremifeneの使用経験. 癌と化学療法 2009, 36(6):1013-1016.
  • 12.Niikura N, Kimura M, Kobayashi Y, Asahara F, Hayashi K, Shibata S, Shintoku J: [Efficacy of treatment with high-dose toremifene in patients with metastatic breast cancer resistant to aromatase inhibitor treatment]. Gan To Kagaku Ryoho 2009, 36(6):1013-1016.
  • 13.新倉直樹, 鈴木育宏, 岡村卓穂, 齋藤雄紀, 梅村しのぶ, 徳田裕: 乳腺紡錘細胞癌の1例. 乳癌の臨床 2008, 23(2):135-139.
  • 14.新倉直樹, 木村盛彦, 小林陽一, 浅原史卓, 林浩二, 柴多三省, 神徳純一, 田中照彦: 高用量トレミフェン単剤が奏効した、AI剤耐性の縦隔リンパ節転移を伴う再発乳癌の1例. 乳癌の臨床 2008, 23(6):543-546.

全国乳がんヨガ指導者のご案内

メディカルヨガ
ヨガセラピーの教科書

Yoga as Medicine 日本語版
― ヨガという処方箋

乳がん以外にも豊富な事例を紹介

ページのトップ