乳がんケアヨガの今
Home >  乳がんケアヨガの今

「情熱大陸」未来の患者を救うために〜大野真司先生

がん研究会有明病院・乳腺センター長の大野真司先生のご活躍が2017年3月26日11:30放送の情熱大陸でドキュメンタリーとして放送されます。

http://www.mbs.jp/jounetsu/2017/03_26.shtml

先生は、2016年の乳癌学術総会にて、患者さま向けヨガセッションやがんxヨガのブース設置に力をお貸しくださったほか、九州での患者様イベントでヨガをご紹介させていただく機会を作ってくださりました。

2017年4月6日15:30-水戸済生会病院がんサロンなでしこにてヨガクラス

2017年4月22日(土)埼玉県で乳がんリハビリヨガ指導者養成講座開催

いよいよ埼玉でも始まります!
必要としている人のところに届きますように。
場所はなんとも便利な大宮ソニックシティです。

下記、かおる先生のメッセージとともにご案内させていただきます。

4月22日(土)埼玉県で乳がんリハビリヨガ指導者養成講座を開催します。
昨年の乳がん羅患数は9万人と女性のがんの中でも圧倒的に多く日本では12人に1人が患っているそうです。
しかし、乳がんは検診や自己触診で早期発見がしやすく他のがんと比較すると5~10年生存率が高く予後が良いがんと言われています。
「がん」と聞くとイコール「死」を連想してしまう方が殆どだと思いますが、現在の医療はとても進んでいるのでむやみに恐れることhttp://www.kokuchpro.com/event/ssy170422はありません。
元々ヨガをやっていた私は、4年前乳がんになりましたが術後のリハビリや精神の安定を図りヨガで救われたことが沢山ありました。
自分の経験をもとに「がんの治療をされている方向けのヨガ」を伝えていますが、実際に開催しているクラスはとても少ないのが現状です。
生徒さん達の声から「ヨガは良いと聞くけれど一般のクラスへ行くのにはとても勇気がいる。」「一般のヨガクラスへ行ってみたけれどポーズがハードで行くのをやめてしまった。」といった不安や悩みを持ちながらクラスへ行っていたことを知りました。
そこで、患者さんにとって安心して気軽に通えるクラスのインストラクターをもっと増やしたいという想いから埼玉県内で活躍されているインストラクターと共に「乳がんリハビリヨガ指導者養成講座」を開催することになりました。
岡部朋子先生監修のテキストにはヨガはポーズだけではないと言うメッセージが沢山込められています。このテキストに沿って私の体験話などを交えながら進行していきたいと思います。
指導者に関係なく参加できますのでご自分の為やご家族や友人の為に、クラスに乳がんの方が来られた時のために是非ご参加下さい。
講座概要
乳がんリハビリヨガ指導者養成講座
日 程 4月22日(土)
9:30~16:00
場 所 大宮ソニックシティ
定 員 10名
お申し込み
http://www.kokuchpro.com/event/ssy170422

講師陣は埼玉東京サバイバーズヨガの皆さんです。
プロフィールはこちらをご覧ください。
http://ssysaitama2016.wixsite.com/ssy2016
https://www.facebook.com/ssysaitama/    

ページのトップ