乳がんケアヨガの今
Home >  乳がんケアヨガの今

今日のヨガの言葉 3/16-3/31

3/16 ヨガをするうえで「ないがしろ」はありえません。
 本当はとても大切なことを、日々の生活でないがしろにしてしまうのはいとも簡単です。今日は誰かに話しかけられたら、手をとりあえず休め、ちゃんと彼女の方に向き直り、しっかり目を合わせましょう。一見面倒に思えますが、そうすることにでむしろストレスは減り、彼女とのつながりがしっかり生まれます。

3/17 ヨガとは困難を意図的に選んでいくことです。
 ヨガマットを広げ、あえて難しいと思われるポーズの練習に励んでみましょう。泣き言をいってはいけません。

3/18 チャレンジしているのに安全である、そんなことが両立しうるのでしょうか。
 今、二の足を踏んでいることはありますか。電話をかけなくてはならなかったり、手紙を書かなくてはならなかったり、誰かに真実を伝えなくてはならなかったり。今日のチャレンジは心を開いて取り組んでみましょう。

3/19 今の私にとって何が真実なのだろうか。
 今日は三回立ち止まり、自分自身にたずねてみましょう。今、何が私にとって真実で、確かに息づいているのだろうか。意識してみながら一日を暮らしてみましょう。

3/20 あなた自身の神聖さを大切にしましょう。相手の神聖さも尊重しましょう。
 ヨガの練習を終えるとき、わたしたちはいつもナマステとあいさつをします。今日はあなたが出会う、あるいは話しかけるすべての人に無言のナマステをしてみましょう。

3/21 大切なのはどんな行動をしたかより、その背景にある心のもち方です。
 今日は何かアクションを起こす前に、その動機が曖昧だと感じたら、いったん中止してみましょう。

3/22 ヨガの練習は私たちの最も深い部分をさらしてしまいます。
 タマネギのように、私たちは幾重もの層からできています。今日の練習では、息を吐きながら、いつものポーズの違った深みを探してみましょう。

3/23 健康にいいことはときに痛みを伴うが、痛みを伴うことがすべて体に良いとは限りません。
 体が覚える違和感に注意を向けてみましょう。それは心地よい痛みですか。辛い痛みですか。回復に向かっている感覚ですか。それとも慢性化した痛みですか。

3/24 知恵とは、どんな痛みがダメージとなり、どんな痛みはメリットとなるかがわかるようになること。
 初心者にヨガを教えていく大変さは、ポーズを上手にとれないからではなく、ストレッチによる心地よい痛みと、無理をし負担をかける痛みの違いを理解させる難しさにあります。今日の練習ではこの違いをまず自分をもって意識してみましょう。

3/25 練習をしながら努力を忘れれば、理想や目標が色あせてしまうでしょう。もし目の前のささやかさを慈しむことがなければ、練習が持つ甘美さも失われてしまうでしょう。
 どんな壮大な目標をもってようと、ストレッチをし、深呼吸をし、静かに瞑想する時間は確保しましょう。時間は作れるものです。

3/26 娯楽はわたしたちを人生から連れ出してくれるかもしれませんが、楽しむこと、味わうことは私たちを人生のいいところに連れて行ってくれます。
 私たちは娯楽によって人生からエスケープしたいと思ってしまうことがあります。でも、目の前のことをちゃんと味わおうという気持ちさえあれば、何もしなくても人生は十分甘美になるのです。夕日、冷たい水の味わい、清潔なシーツの香り、など、今楽しめることを見つけてみましょう。

3/27 自分の人生の中で限りなく自由でありたいものです。自分の人生から自由であることではなく。
 わたしたちはヨガの練習を、現実逃避に使ってしまうことがあります。これは自由とは呼びません。真の自由とは、何が起ころうとありのままの自分で、今この場所にいれることです。 何があっても自分はここに居続けられるか、自分に問いかけてみましょう。そういう気持ちで一日過ごしてみれば、新たな気もちで自分の人生を見つめ直すことができるかもしれません。

3/28 人に何かを教えるということは、あなた自身が理解した真実を伝えることです。
 知識がどれほど豊富だとしても、あなた自身が真実だと思えていることを伝えない限り、相手を感動させる事はできません。自分の子供にも、愛する人にも、職場の仲間にも、あなたがちゃんと消化できたことから話していきましょう。

3/29 私が今、選んでいる事は何だろうか。
 私たちは無意識のうちにこれまでの習慣にとらわれているものです。先入観に基づいて行動したりしているものです。上の空で仕事をしているときや、テレビの前でだらだらと時間を過ごしているとき、自分に問いかけてみましょう。限られた時間の中、私は今いったい何を選んでいるのか。今していることを選ぶことで、あなたの人生は豊かになり、世界を豊かにしていますか?

3/30 なんであれ、あなたが愛してやまないことはあなたを変える力を持っています。
 愛と共に私たちは変わることができます。何かを愛おしく思えるとき、心は開き、相手のために強くなれるでしょう。マットを広げ、最も苦手なポーズを練習してみましょう。苦手、だけど愛おしい、という気持ちで取り組むと、自分の中で何かが変わってきます。

3/31 思いやり、尊重は鏡のように反射します。あなたが丁寧に接してくれると、自然と私も丁寧になります。
 いつもより礼儀正しく接してみましょう。特に家族に向け今日はつとめて「お願いします」「ありがとう」と言い添えてみましょう。普段他人に礼儀正しくしているように、今日は身近な人を一番大切に扱ってみましょう。

6/10 乳がんリハビリヨガ指導者養成講座 in 関西

【時間】10:00-16:30 (お昼休み休憩30分を含む)
【場所】兵庫県川西市 メローヨガスタジオ
〒666-0014 兵庫県川西市小戸1-3-12 泉ビル101
大阪からもアクセスのいいスタジオです。
地図はこちら http://mellow-yoga.com/html/access.html

【対象】 ヨガを教えている方、これから教えたいと思っている方、乳がん患者さんのリハビリに携わっている方、乳がん治療を受けられている方(*)/回復された方、身近に乳がんの方がいる方 (*)お医者様の許可が必要となります
【参加費】 36,000円
【持ち物】 ヨガマット、タオルバスタオル各2枚、ボルスター(ボルスターをお持ちでない方で、Easyogaプレミアボルスターの割引購入(15%オフ)を希望される方は申し込み時にご予約ください)

【お申し込み】
メローヨガ様のサイト/お電話/e-mailより直接お願いいたします。
http://mellow-yoga.com/html/contact.html
072-743-8688
※レッスン中は電話に出られない可能性があります。折り返し連絡いたしますので、
 留守番電話にご用件と連絡先を残してください。

【メッセージ】
欧米では乳がん体験者さんのリハビリやQOLの向上にヨガが活用され始めています。その理由の一つに、早期発見、早期対応が可能なため、予後がほかのがんに比べ格段にいいということがあります。
発祥する年齢も他のがんに比べて若く、治療後も日常生活を普通に送れる患者さんが多数を占めているのです。しかしながらリハビリとしてどんなことをしたらいいのかがわからず、重苦しい心から抜け出せずにいる方々がたくさんいます。当講座では、セラピーとしてのヨガをどう伝えていくのか、気を付けたらいいこと、そしてヨガが乳がん体験者さんたちにできることの可能性について、皆で学んでいきたいと思います。
受講にはヨガの指導経験は問いません。乳がん体験者やご家族の方も大歓迎です。

【講座概要】

乳がんとヨガセラピー
乳がん治療の経緯(乳がん看護士川上憂子さんからのお話)
どんな時期にどんなポーズ
気をつけること
ケーススタディ
サンプルクラス作成

埼玉での乳がんヨガクラス Cava (サヴァ!)

はじめまして
わたしたち「Cava ! 」(「サヴァ」と読んでくださいね)は、埼玉在住のBEC (乳がん体験者コーディネーター)のグループです。
「Cava !」は、フランス語で「やあ!」という感じで使う言葉。
「元気!」って意味もあるようです。
わたしたち体験者に気軽に話して
少しでも「元気」になったら嬉しいな~と考えて名付けました。
乳がんの色んな不安、悩み事。
わたしたちとお話ししてみませんか?
解決できるかはわからないけど…
ひとりじゃ元気が出なくても
仲間と話すだけで、ちょっぴり元気になれるはず!
「Cava ?」「Cava ! 」と一緒に笑いましょ♪

乳がん患者さんのおしゃべり会

第3水曜日
10:00-12:00
参加費無料
予約不要
時間内入退室自由

乳がん患者さんONLYのヨガ教室 NYOGA

第2火曜日 14:00-
第4火曜日 19:00-
1回1000円
定員12名
予約はメールにて cava2011@mail.goo.ne.jp

詳しいスケジュールはこちらをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/cava2011

ページのトップ