乳がんケアヨガの今
Home >  乳がんケアヨガの今

乳がんとヨガ ~Q&A~

Q1, ヨガをすることで乳がんを予防できるか?
A, ヨガをすることで乳がんを予防できるという科学的根拠はありません。
この質問に答えられる研究が行われていないため、わからないというのが現状です。
しかし、最近乳がんが日本で増えてきたのは欧米型の食生活が原因とも言われておりますし、肥満もリスクファクターになります。なのでヨガをしている人はどちらかというと、野菜中心の食生活で肥満の方は少ないと考えられるので、乳がんにかかるリスクは一般の方に比べて少ないかもしれません。

Q2, ヨガで乳がんの再発を減らせるか?
A, この質問もQ1と同様に科学的根拠はなく分からないというのが答えです。
よくヨガをすることで免疫力を高め再発を予防するという記事を見かけますが、ヨガが免疫力を上げるという科学的根拠は今のところ確立されていません。しかし報告例はあります。大切なポイントは、医学的には免疫力を上げても再発は予防できないという点です。これは多くの研究で証明されています。
最近はヨガをすることで癌に対する術後の化学療法やホルモン治療の副作用をどのように軽減できるかという研究が行われております。副作用を軽減することで、治療へ前向きになり、治療を中止する患者さんが少なくなれば、再発率を減らすことができるかもしれません。しかし科学的に立証されていません。

Q3, ヨガで再発乳がんの生存期間を延長できるか?
A, この質問もQ2と同様に科学的根拠はなく分からないというのが答えです。
再発患者さんが免疫力をあげても、生存期間を延長させることはできません。これも多くの研究で証明されています。Q2と同様にヨガをすることで乳がんの治療に対して前向きになり、治療の中止する患者さんが少なくなれば、生存期間が延長するかもしれません。

Q4, ヨガで乳がんの治療後に生活の質(QOL)を改善できるか?
A, ヨガをすることで術後の不眠、生活の質(QOL)が改善するという研究報告があります。しかし今まで行われた研究は患者数が少なく、確実に科学的根拠があるとは言えません。現在進行している臨床試験の結果が待たれます。しかし現在進行している研究は海外での研究であり、日本でも臨床試験をする必要があります。

Q5, ヨガでホットフラッシュ(更年期障害によるのぼせ、ほてり)を改善できるか?
A, ホットフラッシュは更年期障害だけでなく、乳がんの術後のホルモン療法の副作用としても起こります。時にはホットフラッシュが原因で治療を中止することもあります。ヨガでホットフラッシュが改善できるか、という探索的な研究があり、効果が認められています。しかしまだまだ研究段階であり、科学的に立証されたとはいえません。

以上よりヨガが乳がんの腫瘍に直接作用する(予防、再発予防、生存期間の延長)という効果は現在、科学的根拠は認められておりません。乳がんによって引き起こされる、生活の質の低下、不眠、ストレスなどを和らげる効果が認められるとの研究がある、と言及するに留まります。
乳がんの治療の第一選択は西洋医療です。しかし西洋医学は乳がんを根治させるために、検査、手術、副作用の強い化学療法を用います。20年前に比べ使う薬の種類も量も増え、患者さんは強いストレスにさらされています。それをヨガによって緩和し、精神安定剤、睡眠薬の使用を減らせるかもしれません。治療に前向きになることで、化学療法やホルモン治療の中断を少なくし。もしかしたらそれによって生存期間の延長という結果が出る可能性もあるかもしれません。

ヨガの言葉1月1日−9日

1/1 穏やかなだけの毎日で満足ですか?理想はもっと楽しさにあふれた暮らしです。
 5分の間、ただ心おどることだけ考えて過ごしてみましょう。一度芽生えた楽しい気分はそのあとの一日をどう変えてくれるでしょうか。

1/2あなたの中にある緊張を静かに観察する時間、それこそがリラクゼーションです。
 家の中で静かに過ごせるところに楽な姿勢で横になりましょう。眼を閉じ、自分のどこが緊張しているか、5分間静かに観察してみましょう。するとリラックスが自然にやってきます。

1/3 過度な期待がわたしたちの目を曇らせています。
 なにかトラブルに見舞われたときは、自分の都合のいいように物事が運ぶはずだと勝手に期待していなかったか考えてみましょう。他の人が同じ状況をみたら違うことをいうかもしれないと思えれば、冷静に状況がみえてくるものです。

1/4 もっと笑いましょう。
 子供たちは一日何十回と笑います。笑えば緊張もゆるみ血圧も下がります。今日という一日、何か一つでいいのでおかしいことで笑ってみましょう。もっといいのはあなた自身のことでなにか笑い飛ばせることです。

1/5 あなたが心から好きと思えることをしなさい。
 好きなことをすれば元気にもなるし健康にもいいものです。今日は好きな音楽を聴いてみるとか、花を植えてみるとか、犬と戯れるとか、たった5分でいいので本当に好きなことをしてみましょう。ただそれが好きだから、というだけの理由で十分です。

1/6あなた自身を信じることが最優先です。
 周囲はアドバイスや手助けをくれるかもしれません。でも実際、本当の最善策を知っているのは自分だけです。今日何か大切な決断をするときは、自信を持ってあなた自身に相談してみましょう。

1/7 何かがもたらされたのではなく、偶然そうなっただけなのです。
 私たちは何かを学べばヨガのいい生徒になれると思いがちですが、それは違います。今日は自分の内側からわきあがってくる智慧を意識することをヨガの練習としましょう。

1/8 一番優先すべきはあなたのものさしです。
 どんなに先生がかしこくたって、あなたを導くのはあなた自身です。あなたがどう思うかが一番大切で、先生がいうこともそう思えば吸収し、そうでなければ聞き流せばいいのです。

1/9 考えることは作為、気づくことはなすがまま。
 今日は5分間、静かにゆったりと座り、自然と心に浮かんでくるどんな感情もただ受けとめてみましょう。一切何も考えず、評価せずに。

ヨガの言葉1月10日-18日

1/10 敬えば毎日は穏やかになります。
 関わるすべての人や物事を無心に敬ってみましょう。今日はなんて幸せな一日だったんだろうと思えるはずです。

1/11 ヨガの練習は、大切に扱うことです。
 今日ヨガを練習するときは、普段まるで人に接するかのように自分の身体を大切に扱ってみましょう。

1/12 ヨガを練習すると自分が何で悩み苦しんでいたのかかわかってきます。
 好きなポーズをとってみましょう。身体の気持ちよい伸びを感じたら、そのままの姿勢で深呼吸し、そしてゆっくりポーズを解いてあげましょう。

1/13 あなた自身も永遠なる宇宙の一員なのだということを誇りに思いましょう。
 静かに眼をつぶり、あなたという存在がこの広い宇宙の一部なのだということに想いを馳せる時間を作りましょう。それを嬉しく思うかどうかにかかわらず。

1/14 からだとどういうつきあい方をしていきますか?
 自然体でいきますか、それとも克己の気持ちでいきますか、あるいはバランスよくいきたいですか。今日の練習では自分にこうささやきましょう。「からだが気持ちいいといっている速さで動けているだろうか。頭がそうしなさいという速さではなく」

1/15 今まさに感じていることは何ですか。
 楽な姿勢で静かに眼を閉じて座り、今まさにこの瞬間あなたが感じていることに想いを馳せてみましょう。怒り、幸せ、退屈、それとも疲労感ですか?そして大切なのはどんな感情も善悪で判断しないこと。今考えていることも時間と共に移り変わっていくかもしれません。その様子を観察してみましょう。

1/16 ヨガは問題を解決してはくれません。
 解決策を見いださなくてはならないと躍起になればなるほど苦しくなるものです。さあ、下向きの犬のポーズを練習してみましょう。脇の下やももの裏や肩を伸ばすためではありません。今日はゆっくりと呼吸してポーズを楽しむ時間をもつことが目的です。

1/17 今を大切にすることを続けていけば、問題自体が変化していきます。
 今日もなにか反論されるかもしれません。そんなときはじっと自分に耳を傾け、ほかでもなく自分自身が問題を解決してくれると信じましょう。

1/18 ヨガとはあなたが存在すること。
 ヨガはマットの上だけ練習するものはありません。やろうと思えば一日中できるものです。どうやって? あなたがあなたらしくあることがヨガの練習です。今日の自分へのメッセージはこうしましょう。「大切なのは今いるこの場所。大切なのは今この瞬間」

ページのトップ